SponsoredLink

ハーブの育て方ポイント

ガーデニングでハーブを育ててみたいな、と考えている人は結構多いのでは?自分でガーデニングでハーブを作れたら、料理にもハーブが使えるし、ハーブティーを手作りすることもできます。きっと暮らしに幅が出ることは間違いないですよね。


ハーブの育て方って注意すべきポイントさえ押さえれば、結構簡単かもしれません。もともとハーブは地中海沿岸などの痩せた土地で育っていた丈夫な植物なので、そんなに神経質にならなくとも育ってくれるのです。


ハーブを初めて育てるなら、まずは苗から始めるのがおすすめ。種からハーブを育てるとなると、ちょっと難しい場合があるからです。苗からハーブを育てるのなら、ガーデニング初心者でも簡単に始められると思います。


ハーブは基本的には日当たりの良い場所で育てます。そしてほとんどのハーブが乾燥には強い反面、過度な湿度には非常に弱いです。ですから水やりは少なめで大丈夫。ハーブに水をやるときは、土にかけるようにしましょう。


またハーブを植える土ですが、ハーブは酸性の土を嫌います。市販のハーブ用土などを利用するのが一番オススメですが、自分でやる場合は、前もって石灰を土に混ぜておくなどの準備が必要かと思います。


ハーブの育て方におけるポイントは、おおまかにこの程度。たったこれだけ気をつければ、ハーブのある癒しの生活が手に入ります!ガーデニングでハーブ栽培、チャレンジしてみませんか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5945986
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック